アグリホールディングス、小橋工業と資本提携 〜リバネスを含めた3社連携により農業にヒト・モノ・技術を供給する新規事業を開始〜

ファームバンクの親会社であるアグリホールディングス株式会社は、小橋工業株式会社と株式会社リバネスと連携し、農業人材の育成、地方への人材供給、農業の新規技術のソーシング・開発・導入、土地の集約などを通じて、農業生産力を向上するための新規事業を開始いたします。アグリホールディングスの子会社であるファームバンク株式会社は、本連携の中核事業である「FARM BANK」を担います。

アグリホールディングスは、「日本の食と農を世界へ」をビジョンとして、日本の農業から海外の食市場までのグローバル・バリューチェーンを構築しています。これまで北都銀行と「秋田県農業生産法人等への人材供給及び秋田県産食材の海外展開・海外PRに関する協定」を締結するなど、米の生産・輸出に取り組んできました。これらの活動を通して、日本の第一次産業の成長・輸出産業化に向けた大きな課題は、地方の生産能力の減退であり、担い手不足や遊休農地の拡大等を解決する必要があると考えました。

そこで、このたび、手作業の負担を軽減するための農業機械を開発する小橋工業と、研究者の知識・技術を活用して農業技術の開発や生産現場への導入を手がけるリバネス(2016年9月付けで当社と資本提携)と連携することで、生産過程で必要となる人材や技術等の生産資本を第一次産業に供給し、日本の遊休農地の活用と農業の生産力・収益力の向上を目指します。

今後、アグリホールディングスならびにファームバンクは、日本の農業生産を新しい形で再興するための生産資本の出し手として、FARM BANK事業を拡大してまいります。